上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまにネットで誰でも知ってるアルバムのジャケットは?って話が出るけど、世間の人は結構疎いと思う。
特に、洋楽のジャケットに関してはだけどね

以前、携帯の待ちうけ画像を、Pink FloydのDark Side of the Moonにしてたのですが
それを見た仕事仲間(30代後半)が、

「何これ気持ちわる!」
と驚いたリアクションをとり
携帯をつかんで、他の人に
「これ見てくださいよ!変な画像待ちうけにしてるんですよ、彼」
と発言して
「このデブは馬鹿か?」

と思いました・・・が!考えたら洋楽に興味が無い人は知らないのかもしれない。
私も、ネットで知った画像だし、誰でも知ってると思ってた。
他にも、洋楽を聴いている30代前半の女性にこの画像を見せても、無反応だった。
あれ?

他にも、The ClashのLondon Calling を見せても
「ふーん」
と、いった冷たい反応

ビートルズのアルバムを数点見せたら、あ、教科書で見たと語る人もいたので
やはりビートルズが鉄板なのかも
スポンサーサイト
ポールの武道館公演追加のニュースを見て

どうせ予定してたんだろって、大半のファンが認知しているでしょうけど
問題は、チケット価格
売れるとわかっていても、あの強気の値段はどうにかならなかったのか
席が少ないから、売り上げを考えたら価格高騰は仕方の無いことかもしれないけどさ、
それにしたってあの価格は汚いよ。

ストーンズのチケットでも高かったのに、やはり日本にアーティストを呼ぶ為には、チケット価格を
上げるのが定番化してきているのかな
フェスのイベント費は高いし

今回のポール来日チケットは、どの会場も購入してませんが、今回はパスします
一度ポールを見れたし、そうなんども短期間に見るもんじゃないな
三回連続公演を見るような人は買うだろうな

14 ON FIRE

音楽

2014-02-07

The Rolling Stones 14 ON FIRE
2/26に初日公演が予定されてます

もちろん東京までの交通費とチケット費を考えたら6万程かかるので今回のストーンズライブは諦めていました
もしかしたら、大阪の追加公演が開催されるかもしれませんが謎のまま

今年は諦めて数年後に期待するか・・・と淡い気持ちを抱いていたのですが・・・・・
な、なんと・・・

仕事先から東京に出張してくれと急遽命令!い、いつか?

24.25日に東京出張!!!な、なんてことだ!
26日に有給をもらえば、ストーンズのライブに行けるではないか!
まさかのラッキーイベントに夢踊る私。ただし、ライブのチケットなんて用意してなかったので、ヤフオクで落札することに。困ったことに、ヤフオクの価格は一ヶ月前なら安く落札できたのですが、今月末にせまったライブチケットだけあって、ストーンファンが高額で落札しているのです。
S席必須なので、2万弱は必要だとしても、凄い出費になるな。
アリーナ席を希望してましたが、3万超えという、手が出せないことに

それに有給だってもらえると決まった訳ではないので、これからどうなることやら
もしライブに行けたら、ポールとストーンズ両方行けたという自慢ができる
えらいことになった


今更の記事ですが、ローリング・ストーンズが来日します。
予想はしてました。50周年記念で、2014か2015年中に日本に来るとは思ってましたが、昨年の末にこの報道を知って、テンションあがりまくり

ただし、東京だけ・・・、の筈ですが、日程の関係で追加公演の可能性もあるわけです。
ただ、東京なのか、大阪なのか・・・福岡はないでしょう。移動も考えると。

ストーンズは、今回のライブを見に行かなくても、まだ来てくれる可能性があるので、実はあせることはないんですよ。ポールは、もうこないと思いますけど

今回、元ストーンズで、最近ゲストで良く参加しているミック・テイラーも来日するので、奇跡のメンバーで演奏してくれます。
最近、Biggest Bang ツアーのライブ映像をブルーレイで買って、見たけど、パワフルですね。ハイドパークも盛り上がってましたし
ただ、キースの腹が出ていたのが頂けない。とりあえず、大阪の京セラで追加公演が決まったら必ず参加します

 ポール・マッカートニー が来日すると聞いて、直ぐにネットでチケットの予約をした
 価格は、16,000円程とプレミア価格だったが、ファンなら迷わず注文でした。

 当選のメールをもらった時、ライブ当日は何が何でも休んでライブに行くと決めていた。
 もちろん、保険として大阪公演のチケットも予約したけど、落選した


改めて、言わせて欲しい。
自分は、ビートルズファンでもあり、ポールのファンでもある。
18歳の時に、ビートルズを聞いて、今でも聞いている。
もう一生、生でビートルズを聞くことはないだろうと思っていたが、まさかの来日と聞いて、もう嬉しさでどうしようもなかった。

当日、新幹線で福岡に到着。往復6,000円なので安いもんだ。

111

17:00に開場すると思って、17:15頃到着。

しかし、凄い行列で中々入場できない。おそらく、準備中なのか?
とりあえず、並ぶ。周囲にはサージェントのコスプレをした人や、中国系、韓国系の人も多数いた。
アジアでは、日本でのみライブを行っているので、もしかしたら、その為に来たのかもね。

年齢層は高く、60代が多数を占めていた。そのため、チケットの字が見えないって愚痴があちこちから聞こえていた。

222

私は、S席を買ったけど場所は3塁スタンドの前から二列目だった。
悪くない席だけど、せめてアリーナがよかった。大金を払ったのだから

19:00を過ぎても、なかなか始まらない。
ポールの歴史を振り返る動画がスクリーンに流れていた。
と、映像が終わるころに観客からどよめきが起きる。ポールが来た!来るんだ!って実感が急に湧いてきた。多分、ポールは豆粒程度にしか見えないので、壮大な映画を見ている感覚になると思っていた。

そして、予定より遅れてポール登場!きた!きたんだ!
333

”Eight Days a Week”
で、オープニングが始まった。もちろん、拍手のタイミングも何故かみんなばっちり。
この曲は、私がビートルズを聞き始めた初期に好きだった曲なので、思い出としては深い。

その後、新曲とビートルズ時代の曲も挟んで、演奏

そして、We Can Work It Out!ポールの曲の中で一番好きな曲だ!



ああ、これだよ。頭の中で過去の思い出が蘇る!最高の気分だった。もちろん、合唱。

Blackbird も登場



会場が完全に静まり返ってましたね。

Ob-La-Di, Ob-La-Daは、みんなで大合唱!これは学生時代に知った曲です。中学だったかな



Live And Let Die

ギターのラスティ・アンダーソンがギターを投げたり、死んだふりしたりと盛り上がってました。
そして、火薬とレーザー光線!音がはんぱじゃなかった



Hey Jude が演奏された時、ずっと待っていました・・・皆でNanana-naと歌うのを

ここは、ポールも、日本語で、「男性だけ・・・ここは女性・・・だけ」とカタコトで喋っていました

その後、アンコールで
まさかの

 I Saw Her Standing There

おおおおおお、これを演奏するのか!大阪公演の時は、Get backだったので、たぶん無いと思ったけど、まさかこれが来るなんて!
もう、周囲の男連中がみんな歌ってました。恥ずかしがっている余裕なんてないんだよ!


締めは、”Golden Slumbers/Carry That Weight/The End”

ああ、これを生で聴けるなんて幸せだ。

演奏が終わって、ポールもバイバイ

終わって、一息。感想としては、Wings時代の曲から最新アルバムまで、ビートルズの曲は半分ぐらいかな?
周囲のファンの人たちは、多分知らない曲も多数あったと思う。
事前に予習をしていたので、平気だったけど、ちょっと年齢層が高めだったのか、ノリが少し悪かったと思う。

それに、福岡ドームはボーカルの声が聞き取りづらく、反響も大きかった。
個人的に、Magical Mystery Tour も期待したいたけど、無かったな。
多分今回が、最後の日本ツアーになると思うので、将来、「俺、ポールのライブ行ったんだぜって自慢できます」


さて・・・実は来年のエリック・クラプトンのチケットが当たったんだけど・・・どうしようかな

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。