上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


以前から欲しかったビアレッティのエスプレッソマシンを購入した
今までペーパードリップで淹れてましたが、朝時間が無いのと、コーヒーを淹れても残してしまうことが多い
それなら、直火式エスプレッソで少量だけ作って飲もう!とした

が、我が家はIHクッキングヒーターしかない!
そこで、カセットコンロを買うことに

ついでに、エスプレッソは豆を細かく挽かないといけないのだ
これが困ったことに、3,000円のコーヒーミルだと細かく挽けない
仕方ないので、豆を買うとき挽いてもらうしかないのだが、
豆の風味が失われる
今度、10,000円のコーヒーミルを買うかー

とりあえず、あまり細かくないコーヒーを敷き詰めて、水を圧力弁の下ラインまで入れる
そんで待つ
Youtubeに淹れ方があったので、これを参考にした

そしたら・・・お、お、下方から上に向かってあふれ出すぞ!
と、用意していたデミタスカップに満たしておしまい。
ホットミルクと混ぜてラテを作るもよし

久々に良い買い物でした
ちなみに、ビアレッティは代々受け継がれていくとか
でも、トッテが火に当たって溶けやすいので注意しないといけない
店舗で買うと、2カップ用は5,000円近いが、Amazonだと3,500円とお買い得

・・・・そういえば引き出しをあさっていると、イタリア旅行中に買ったエスプレッソ用のコーヒー粉が出てきた
2年前に買って放置してましたが、今使うときがきたな
スポンサーサイト
大阪に滞在中、とにかくカフェの多さに驚く
福岡でもそれなりの店舗数はありますが、とにかく密集している
名古屋に行ったときは、その倍はありましたが、店内も行列

仕事が落ち着いて、ちょっとカフェに寄ろうと思ったら、目の前に現れる貫禄ある店舗

スターバックス!

実は私のスタバデビューは、すごく遅く
1年前に福岡で先輩社員に奢ってもらった時だ
これがまた、注文の仕方なんて全く知らなかったし、何よりコーヒーに300円近い金を出すのにも抵抗があった
コンビニコーヒーがドリップマシンで100円なんて商品を売り出したせいで、あまり魅力を感じなかった

それから、全く行ってなかったのだが、折角大阪に来てるし、まぁいいかなと
フラペチーノもラテも興味が無かったので、ドリップコーヒーを頼んでみる

店内を見渡すと、14時にもかかわらず、サラリーマンと学生が大勢いた
ここで何パターンか分けられるのだが

1、勉強する人
2、資料を見直している人
3、Macで仕事している人
4、寝てる人
5、スマホいじってる人
6、談笑してる人

こんな所だ。私は5だ。
ここで、勉強している人がまた多い。そして机と椅子に荷物を置いて占領している。
ちょっと迷惑ではあったけど、無視してコーヒーを飲んでた
後から客の数が増えてきたら、さすがに店員も、机を占領していた学生等に席を空けてくれと注意していた。
そりゃそうだ。

後、Macbookで仕事している人もいるのでチラっと見ると、特に何もしておらずネットを見ていた
うーん、ファミレスで長時間居座るのと似た心境だ
日本だけかと思ったら、米国の大学付近のスタバを見ましたが、学生が一日中占領しているんですね

と、味に関してつぶやいて見る
ドリップコーヒーを頼んだのですが、風味が少しあり、酸味は少なく、苦味が強い印象
コンビニコーヒーより旨いか?と聞かれたら、大して代わらんと答える
これは雰囲気を味わうものだから
最近またコーヒーを飲むようになりました。寒くなった影響で、飲む頻度が増えたと思います。
私は、コストコで買ったスタバの豆を買い溜めしてますが、豆の状態なので、飲むたびにミルで挽いて飲んでいます。手動ミルなので面倒で、コーヒーを飲むのを避けていた。
面倒になったんで、インスタントコーヒーに手を出した。
決して安くはない品物だけど、飲むとこれが安っぽい味で、飲むのが我慢できない。

学生時代、インスタントを毎日飲んでいたのに、出来立てのコーヒーに慣れてしまうと、後には戻れない。

結局、面倒な手動ミルでコーヒーを飲んでたのですが、毎回同じ豆なので、興味本位で別の豆も買ってみた。
豆ってのは保存に気をつけないと、すぐに味の質が下がるので、冷凍保存が推奨されてる。
ただ冷凍庫に置くとスペースの邪魔になるので、豆を買いすぎてはいけない。

とりあえず、少し割高なフレンチローストの豆を買ってみた。
ミルて挽いて、コーヒーメーカーで入れてみた。

少し・・・酸味が薄い?
舌に自信が無いから、どっちが飲みやすいなんて判断できなかった

で、次はペーパードリップで淹れてみた。

濃厚で酸味が濃くなった?
これはアレだ!結局淹れ方の問題だ。豆に金をかけるのでなく、淹れ方で変化をつけるんだ

でも思うんだ。豆って高い安いで味の違いがわかるほど舌が肥えていないのと、微々たるものに金を使う自分が情けなくなった。そのことに気がつかせてくれたよ

余談だけど、叔母の家に訪れたとき、挽き立てのコーヒーを振舞ってくれますが、アメリカンコーヒーなのだ!
これでもか!というほど、お湯で薄めるので、せっかくの高価な豆の味が台無しになってると思うんだけど、胃に悪いから薄めるのは仕方ないのかな
 
 初めに言っておくが、私は珈琲党である

 まず、珈琲の魅力を語りたいのですが、日記の題名は紅茶を題材にしているので、話を変えることにします


 まず紅茶とは?

 初めて飲んだのが、幼少期。姉と母が良く飲んでいましたが、私はあの独特の味が苦手でした。最も、本格的な紅茶ではなく、ティーパックでしたが

 そんな時珈琲と出会って、それ以来ずっと珈琲なのですが

 ある時、喫茶店で出された紅茶を飲むことになった。その紅茶がまた凄く良い味なので、改めて実感しました。「もしかして高い紅茶は美味しい?」と

 今まで、不味いティーパックを買っていたから、不味い経験しかないのでは?と

 そこで、紅茶の容器と、トワイニングの紅茶の葉を買うことにしました

 早速、煎れてみることにした

 お、香りは上等。だが薄味かな? どうやら、抽出には結構タイミングも有るらしく、葉の量も気をつけないといけない。確かに、珈琲でも言えることだ。
 英国では、紅茶を楽しむ人が多い。今まで、珈琲を楽しんできたので、今度は紅茶を楽しんでいこうと思う。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。